屋根塗装工事|東京・神奈川エリア|エバー株式会社

屋根葺き替え、屋根工事(リフォーム)、バリアフリーリフォームの事なら東京、神奈川を中心に施工しているエバー株式会社にお任せください。

東京・神奈川エリアの屋根工事・屋根塗装・住宅リフォームの専門工事会社エバー株式会社
屋根リフォーム・屋根工事・屋根塗装・住宅リフォームお問い合わせ
東京・神奈川の無料屋根診断・見積り

屋根塗装工事 

一般的(ユーザー・施工業者共)には『塗装工事部門の屋根塗装工事』 と思われている方が多いと思います。屋根工事を得意とする当社の考えは、『屋根工事部門の屋根塗装工事』と考えます。 屋根塗装は、屋根材料を保護する。美観をリフレッシュする。と言う事が最大の目的だと思いますが、施工の良し悪しによっては既存の屋根性能を低下させてしまう 恐れがあるからです。

屋根塗装工事の工程の説明

【工程 1 】 足場掛け
高圧洗浄時に塗膜が近隣に飛散
するのをメッシュシートで防ぐ。
急勾配の場合は屋根足場も必要
になる。
【工程 2 】 高圧洗浄
既存の劣化している塗膜は飛んでしまう。
【工程 3 】 乾燥
表面は乾いても瓦と瓦の重ねの中に水が吸水している為十分な乾燥が必要。
【工程 4 】 下塗り
屋根材の痛み具合により2~3回塗る。
【工程 5 】 トップコート
ローラー仕上げ 2回塗り。
【工程 6 】 縁切り
縁切りをしないと雨水が逆流し雨漏りを起こす危険性が有る。
【工程 7 】 足場払い
足場払いをして、作業の終了です。

屋根塗装工事注意点とトラブル

※当社における過去の屋根診断からの、実際にあった注意点(トラブル)をまとめた内容です。
●縁切りをしない施工が非常に多いです。
▲雨漏りを起こす危険があります。 ※特に下請け施工の場合に手抜きしてしまう事が多いように思います。

●高圧洗浄をしない施工が、非常に多いです。
▲耐久性が悪くなってしまいます。ブラシ等でのケレン・水洗いだけではダメです! 洗浄機のノズル角度も大切です。

●平板スレート屋根、3寸勾配以下の塗装工事は非常に危険です。
▲雨漏りの危険性があります。

●屋根塗装は、塗料が非常に伸びるため、材料を規定量以下で(トップ・下塗り共)仕上げてしまうケースが 多いように思います。
▲耐久性が悪くなってしまいます。

●塗装職人が平板スレート屋根の歩き場所を知らない為、踏み割れ(ヒビ割れ)させ てしまう。
▲雨漏り及び下地を傷める可能性が有ります。

●外壁塗装をするついでに屋根塗装を、安い追加料金 で勧められた場合。
▲屋根塗装は外壁塗装以上に手間が掛かる為安価での注文は危険です。

推奨屋根塗料

メーカー
商品名 特徴・性能
シスタコート 当社お勧め、多機能塗料:遮熱・防音・防汚、艶消し
ヤネフレッシュ 様々な下地に対応しやすいスタンダード。艶有り
クールタイトSi 遮熱・断熱のダブル効果を発揮する
(サーモシャット工法)、艶有り・3分艶


エバー株式会社 【各営業所】:品川本社 : 0120-804-314 / 神奈川営業所 / 府中営業所 (案内図はこちら
ページトップに戻る