気付かない屋根の悲鳴「雨漏りや結露による屋根の劣化」|東京・神奈川エリアの屋根葺き替えリフォーム工事専門会社 エバー株式会社

屋根葺き替え、屋根工事(リフォーム)、バリアフリーリフォームの事なら東京、神奈川を中心に施工しているエバー株式会社にお任せください。

東京・神奈川エリアの屋根工事・屋根塗装・住宅リフォームの専門工事会社エバー株式会社
屋根リフォーム・屋根工事・屋根塗装・住宅リフォームお問い合わせ
東京・神奈川の無料屋根診断・見積り
トップページ > 屋根工事・葺き替え > 耐震・台風・集中豪雨対策

気付かない屋根の悲鳴「雨漏りや結露による屋根の劣化」

築10年にも満たないのに屋根がボロボロに・・・
連日の異常気象による連日の高温や集中豪雨等により、予想以上に早く進む屋根の劣化が増えています。原因は、雨漏りや結露等です。エバー株式会社の豊富な事例より、屋根の劣化を促進させる原因をご説明します。

屋根を開けると9割が劣化

下記の写真は屋根の劣化の事例です。野地板が水分を含みカビが生えたり腐朽が進んだりしています。
築7年の建物の野地板でも合板が波打ってしまうといった事例もあります。
屋根の劣化を促す原因には雨漏りや結露などによる水分や湿気が屋根に悪影響を及ぼすケースが多い為、
長期優良住宅を目指すのならば、適切な設計・施工は勿論、定期的な適切なメンテナンスが非常に重要す。
長寿命で快適な住宅に不可欠な屋根の点検をしてみてはいかがですか!?
>>無料見積り・ご相談はこちら

台風・集中豪雨(ゲリラ豪雨)などの雨水には注意が必要

下記の写真は、屋根の瓦(スレート板)が割れた部分などから雨水が浸入して雨漏りした事例です。
アンテナの取り付け工事などで、屋根に関する専門知識を持たない人が、誤って屋根材を踏んで割ってしまうケースも後を絶ちません。割れた部分をそのままにしておくと大きな補修になってしまうケースも多い為、気をつける必要があります。
最近頻繁に起きている、地震などにより屋根材にヒビや割れができた後に、ゲリラ豪雨のような急激な雨で屋根に集まった雨水が屋根にあふれてくる可能性もある為、大きな地震の後、異常な雨の後は特に注意が必要です。
>>無料見積り・ご相談はこちら
エバー株式会社 【各営業所】:品川本社 : 0120-804-314 / 神奈川営業所 / 府中営業所 (案内図はこちら
ページトップに戻る